FC2ブログ
NO MUSIC NO LIFE!
バンドに夢中な桃のつぶやき
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/7 川西幸一50歳記念 チョットオンチー栄光の50年 日本武道館 その2
川西50祭 レポその2です。

今回はくるり編。

ユニコーンは次回です、すいません。

メインステージでは次のアーティストくるりの為のセッティングが
暗転の中行われています。

そんな中、上手側花道ミニステージにBLACKBORDERSの幕が
上がり、Vo&Gの野田タロウ&Dr川西幸一登場。
黒のポロシャツ、白ネクタイ、サングラス姿のBB ユニフォーム。
この川西さんがめちゃ好きやから近くで見たかったなぁ。

野田タロウくんは本職はベースなのに、このBLACKBORDERSでは
敢えてのベースレスユニットとして活動しているという
不思議なお方です。
35歳ともうすぐ50歳という実年齢に全く見えない外見をお持ちの
年齢不詳ユニットw
Youtubeで何回か映像は見たので、パンクロックだってのは
分かってるんですがもちろん生は初です。
でも上手ステージなので遠い~かお

「BLACKBORDERSでーす!川西さんお誕生日おめでとう
ございまーす!楽しい時間を過ごしましょ~!」と
始まったBBライブ。

パンクなのでノリやすい楽曲だとは思いました。
が、野田くんの声が細くて川西さんの爆音に埋もれてる時が
あるっていうねwけして巧いボーカルって訳ではないね。
川西さんのドラムは絶対ユニコーンでは、こんな叩き方
せんやろうなって感じなので新鮮でした。
こっちの方がやはり激しさ割増しです。
叩きながらコーラスもしてるしね。

年齢差があるユニットなので、野田くんが川西さんを凄く
尊敬してるってのは伝わってくるし、MCもパンクロッカーなのに
礼儀正しいとこが面白かったw
「川西さんに生きてる間に出会えてよかった」とか言ってたもんな。
当の川西さんは冗談ぽく流してたけどw
何よりドラムとギターだけのシンプルさやけど、しっかり楽曲になり
音楽として成り立つんやなぁと改めて思った。
全然スカスカな感じもなかったし。
コール&レスポンスが多めなので、なかなか楽しめました。
しかし野田くん、煽りが「どうぞー!」なのにはウケたぞwww

セトリ

4 STEP ROCK
TEENAGE RIOT
ロックンロールナイト
Go forward now!


お次はくるり登場。
おっ今日は岸田くん眼鏡かけてます。
前にユニコーンの特番で、ユニとセッションした時は
眼鏡かけてなかったからね。
やっぱ眼鏡姿の方がくるり岸田って感じがするな~。
しかし眼鏡アリとナシじゃこんなに顔の印象違うっけ?ってくらい
別人な気がする。

「皆さんこんばんは、くるりと言います」と簡単なMCのみで開始

愉快なピーナッツ

これよくラジオで流れるー!好き。

青い空

くるりのイメージって1曲目のようなゆるい感じがあったから
結構激しい曲でビックリ。
と思っていたらサビにきて「これくるりやったんや!」ってなったw
サビにきて聞いた事ある曲って分かったよ。かっこいいね。

「川西さん50歳おめでとうございます。さっき楽屋で
お会いしたんですけど肌ツルッツルですね。
あんな50歳目指したいです。ちなみにまだ33歳です」
って何の報告w
岸田くん76年生まれか。1コ下とはびっくり落ち着いてるなぁ…。

ばらの花

これもよくラジオでかかる。
イントロが始まった時凄い歓声上がってたな~。
人気曲なんやね。民生もくるり鶏びゅ~とでカバーしてるしね。

「せっかく呼んでいただいたので、ユニコーンに関する
よもやま話などでも。
15、6歳頃、同じクラスの村田くんとCDの貸し借りをしようけ?と。
おう、ええよって事で僕はTMNのリズムレッドっていうのを
貸したんです。返ってこなくてもいいと思ってました。
ソニーの関係者の方すいません。
で、村田くんはケダモノの嵐を貸してくれて。
聴いて、なんや、これは??と思いました。
その後、好きになって聴いたってだけの話です。
で、今日は川西さんのお誕生会って事で、川西さんの曲を
やろうと思ったんですが、セットリストに川西さんの曲が
いっぱい入ってるみたいなんで止めました。
なので、今度手島さんの誕生日会がある時に川西さんの曲を
やる事にして、今日は手島さんの曲をやらせていただきます」

岸田くん、至って真面目に淡々と話すんやけど、
なんか間合いが絶妙で笑ってまうねw
水分採るタイミングも面白いし。

デーゲーム

キター!蘇るユニコーンって特番でも歌ってたもんね。
あの時は演奏ユニコーンで民生と一緒に歌ってたから
民生キーで大変そうって言われてたから、今度は自分達の演奏で
リベンジ出来たんじゃないでしょうか。

間奏で、おもむろにスタッフさんがカープユニフォームを
岸田くんに着せる。
ベース(not 楽器)をステージに置きます。
バットを持つ岸田くん。スタッフさんがボールを投げます。
空振り三振して、悔しがってベースを投げる岸田くん。
何この寸劇www
ベースを投げるのはブラウン監督の真似やんねw
ボール打ってくれるんかと思ってたけど、よく考えたら武道館って
ピックすら投げたらあかんとか言うもんね。
あからさまに振り遅れてて、絶対バットにボールを当てないのも
大変やなって。

ロックンロール

ブレーメンBREMEN

「ありがとうございました、くるりでした」って挨拶したから終わりかと思いきや



岸田くんのボーカル、めちゃめちゃ迫力あったねぇ。
歌詞に京阪電車とか入ってるのが京都人やなぁって思った。
岸田くんの歌詞は独特の世界観があって興味深い。
京都人ならではのフレーズもあるし、曲もゆる~いのから、
渋くて重いものまであるし
ちょっと聴いてみたくなったねこ

次はお待ちかねユニコーン!!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rockstarjda.blog47.fc2.com/tb.php/1060-7a041772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。